HOME > JA兵庫南のご案内 > 組合長よりご挨拶

  • 兵庫南農業協同組合
    代表理事組合長
    中村 良祐

  • 安全な食の提供は全世代を通じて欠くことのできないものであり、地産地消の理念に基づき、新鮮野菜直売所「ふぁ~みんSHOP」を7店舗・大型直売所「にじいろふぁ~みん」を設置し地域農業の振興を図るとともに稲作を中心に、「清水いちご」、「いなみ野メロン」「加古川和牛」や軟弱野菜、キャベツ、トマトなど、安全で安定した農産物の生産と後継者づくりに努めています。また金融・共済・不動産などの財産管理をライフサイクルに応じて提案するとともに、組合員組織活動や高齢者福祉活動に積極的に取組み、世代を超えて地域の皆様に選ばれるJAを目指します。

(1)経営理念

経済の国際化にともなう環境変化や農業をとりまく環境の変化さらに高齢化社会の到来など、将来に対する不安がつのり不安定な状況が続いています。このような時代にあって、JAは、組合員と共に繁栄し、「安心」して「安全」な商品やサービスを「安定」的に利用していただくための経営努力を続けてまいります。
農業は、大地、水、空気、太陽など自然の恩恵を受けて成り立つ産業です。新鮮で安全な農産物の供給、人とのふれあい、地域社会への貢献を通じて、人・農業・自然が共生できる地域社会づくりに取組んでいきます。

(2)経営方針

1.組合員の運営参画による元気あふれる活動と新たなJAファンづくりの展開
次世代対策や女性視点の事業展開により新たなファンづくりに取り組みます。
2.信頼・安心のサービス提供を通じて地域・環境に貢献するJA
安全・安心な農産物づくりや地産地消運動を展開し信頼・安心のサービスを提供します。
集落営農組織を中心とした地域農業の担い手育成に取り組み、農地・水・環境保全を通じて地域環境に貢献する活動を展開します。
コンプライアンス(法令遵守)態勢の強化により社会的信頼性の確保を行います。
3.競争力ある事業の展開と万全な経営の確立で強いJAづくり
効率的な営業体制の確立と経営資源の最適配置で競争力のある事業展開を図ります。
徹底した機能強化と効率化・合理化により安定した収益力確保による強いJAづくりをめざします。

(3)メインテーマ

『農業の活性化と豊かな地域社会をめざし、創造的自己改革への挑戦!』

(4)職員行動規範

『感謝・挑戦・自立』…常に感謝の念を持ち、何事にもチャレンジの姿勢を忘れず、自ら考え責任ある行動をします。

JA兵庫南のロゴマークは、新鮮で安心な農産物と笑顔を兵庫南の「M」でまあるく囲んでいます。Mの輪は、組合員・役職員・地域の人々すべての助け合い、調和、団結力を表し、全体として、人・農業・自然(地域)の共生を目指したJA兵庫南をイメージしています。