作って応援、援農ボランティア農作業開始

2018年10月04日

 
9月16日の説明会後、初めてのボランティア実施となる援農ボランティアによる農作業が9月23日から始まりました。

加古郡稲美町の松井義輝さん宅で農作業を従事することになった平尾美保さん。松井さんから作業手順を教わりながら、白菜の追肥を行いました。
平井さんは「肥料を均等にまくことは思っている以上に難しいが、楽しみながら出来そう」と熱心に取り組まれました。松井さんは「アルバイト等を雇っているが人手は不足している。ボランティアはありがたい。最初なのであまり無理をせず、作業に慣れていってほしい」と今後の活動に期待しています。

今回6人の援農ボランティアを3戸の農家に派遣しており、イチゴの移植やブロッコリーの定植などの作業従事を予定しています。今後も地域農業を一緒に支えていく援農ボランティアをさらに増やしていく方針なので興味のある方はご連絡お待ちしております。