夏の味覚「枝豆」を楽しむ、地元ボランティアグループが枝豆収穫体験開催

2018年08月01日

 
7月22日、ボランティアUOHASi(高砂市阿弥陀町)が、枝豆収穫体験を行いました。7年目を迎える同収穫体験には近隣住民など22組、計約50人が参加されました。7月上旬の豪雨に負けることなく大きく生長した枝豆をたくさん袋に入れて持ち帰りました。
 ボランティアグループの一員である西川良一さんは、「この事業の目的は子ども達に農業の楽しさを知ってもらい、生産者の減少に歯止めをかける事。私自身としては収穫後のビールかな?」と笑顔で語られました。
 収穫を体験した子どもは「田植え体験は学校で行ったが、枝豆収穫は初めて。スーパーで枝豆が出来ると思っていた。」と笑顔で語りました。同収穫体験で未収穫の枝豆は同グループによって後日収穫され、JA兵庫南直売所「ふぁ~みんSHOP」で販売されます。