ホウ酸団子でゴキブリ退治、JA兵庫南女性会魚住支部

2018年05月25日

 
JA兵庫南女性会魚住支部は5月17日、ゴキブリ退治に効果があると言われるホウ酸団子作りを行い、当日は会員24人が参加されました。同JAでは「家の光」を教育情報誌として学習教材に位置づけ、組合員への普及活用をはじめ、JAにおける教育文化活動の充実強化を図っていることから、ホウ酸団子作りも「家の光」を参考に企画しました。
 ホウ酸団子は米ぬか、ホウ酸、グリセリンを混ぜ、水を足しながらこね、ペットボトルのキャップに詰めて完成。ゴキブリが出そうな場所に置き、3ヶ月から半年間効果が持続します。参加者は、「昨年のホウ酸団子は効果があったので、今年も参加した。団子効果に期待する」と語られました。