JA自己改革にむけ一致団結、平成30年度JA兵庫南グループ役職員スタートダッシュ大会

2018年05月07日

 
JA兵庫南グループは4月21日(土)、稲美町文化会館コスモホールで「平成30年度JA兵庫南グループ役職員スタートダッシュ大会」を開催しました。

第1部は有限責任監査法人トーマツの水谷成吾氏による「農協を取り巻く環境と農協の目指すべき姿」と題した講演会。水谷氏は農協の役割と求められる人材、地域農業を支えることが農協の原点であるなど、地域から愛され、必要とされるために何をすべきかを熱く語られました。

第2部は平成29年度優績部署および職員の表彰、営農渉外研究発表大会やJA兵庫中央会主催「みどり塾」修了レポートで最優秀に選ばれた2人による発表が行われ、室部長および子会社代表による平成30年度事業方針の発表、新入職員の紹介などを行いました。
最後に木下直樹常務理事の発声により、JA自己改革への取り組み・事業目標の達成に向け、出席者全員で「がんばろう!」を三唱して締めくくりました。