大学新卒予定者に事業内容を説明 JA兵庫南インターンシップ

2018年02月15日

 
JA兵庫南は2月上旬の2日間、2019年度の大学新卒予定者を対象にインターンシップを実施。
170人の申し込みがあり、抽選の結果、62人が参加しました。
学生らは人事担当職員からJAの概要の説明を受け、4、5人にJA職員が同席するグループとなり、信用、共済、営農経済、人事、ふれあい広報の業務について説明を受けました。

その後、学生らはその事業内容をまとめて全員の前で発表を実施。
「インターンシップは、JA事業を知るだけでなく『聞く』『まとめる』『話す』の訓練にもなる」と説明を受けた学生たちは初対面であったが、互いに連携して発表しました。
また説明する職員も学生がJAファンになるよう、資料などに工夫して臨みました。チームワークの大切さを学ぶゲームや、学生が来店者役の支店職員に金融商品を勧めるロールプレイングも実施し、支店の見学や先輩職員との相談会も開きました。