個性たっぷり米粉パン完成

2018年02月05日

 
JA兵庫南女性会魚住支部は1月25日、米パン作り教室を「いなみマイマイ工房」(稲美町)で実施しました。
これは会員間の交流と活動活性化、米粉を使ったパンを知り、今後に生かすことを目的としています。
女性会から立ち上がった加工グループの同工房メンバーが講師となり、魚やタコなど約10種類の形のパン作りに挑戦しました。
紅芋あんや豆乳クリーム、ウインナーなどの具材を生地で包み、形を整え、最後にチョコレートで目や口を描き、焼き上げて完成させました。
参加者は「作る人でパンの形や顔が異なる。個性がありかわいい」と語りました。
橋本せつ子支部長は「料理や干支(えと)の押し絵などを年間通してさまざまな教室を開いている。パン作りも好評で恒例行事だ。今後もいろいろな活動を続けたい」と語りました。