本文へスキップ

JA共済

マイナンバーについて重要なお知らせ

「JA共済からマイナンバーについてのお知らせ」は、こちらから

JA共済の仕組み

JA共済はJAとJA共済連との2段階の組織で運営されています。
JA共済連は、共済金の支払い・教育支援活動を中心に企画・開発・資金運用を行なっています。


JA共済のソルベンシー・マージン比率

平成27年度のJA共済のソルベンシー・マージン比率は797.7%となっています。これは、経営の健全な水準とされる200%を大きく超えており、十分な支払余力を確保しています。

※ソルベンシー・マージン比率とは、通常の予測を超えて発生する諸リスクに備えて、どのくらいの支払余力(ソルベンシー・マージン)があるかを判断するための経営指標のひとつです。


JA共済は健全な資産運用を行なっています

JA共済は、53兆6,233億円の運用資産について、国債などの公社債を中心に長期的な運用を行ない、
より一層の資産運用の健全化に努めています。

※総資産の状況 55兆8,375億円。
※平成28年3月末におけるJA共済連の総資産です。


JA共済Q&A

Q. JA共済の保障内容は?

JA共済の保障内容は、JA共済連のホームページでご案内しております。

Q. JA共済には一般の人でも加入できますか?

JA共済は組合員のみなさまを対象とし運営しておりますが、一定の要件を満たせば、どなたでもご利用になれます。

Q. JA共済の特長は何ですか?

JA共済は、組合員の生命・傷害・家屋・財産を相互扶助によりトータルに保障しています。
また、組合員自らが助け合うという運動から生まれたもので、営利を目的にしたものとは大きく違います。
さらに、JA共済はJAの事業として運営されているため、リーズナブルな共済掛金となっています。

Q. JA共済に関する問い合わせはどこで受け付けてもらえますか?

JA兵庫南各支店窓口までお願いいたします。